立憲民主党

世田谷区議会議員 中村コータロー 「これ以上、区民を欺く政治はいらない。」

アーカイブ情報

 4年に1度の祭典といえば、当然・・・選挙ですよね!? とはいっても、もう少し強い解散風が燻ぶる北京の残り火を吹き消すまで、今しばらくはスポーツの祭典が話題独占でしょうか。
 貫禄の金、悔しい銀、快挙の銅、それぞれの輝きと多くの感動を残したオリンピックは人々の心に深く刻まれ、日頃スポーツとは縁の薄い五本木事務所もそこは例にもれません。
 金メダルは首から下げるよりかじりたい無差別級秘書2名を魅了し、フェンシングをフェースクレンジングだと信じる富川女史の心を洗い流し、世事敏感で超 ミーハーな松田哲也区議に至っては、早速チェ・ジウから口パク少女のファンへと転身して、今まさに北京に向けて出国しようとするところを身柄確保されたそ うであります。
 我々の参加する競技は、看板こそ「手塚よしお」の個人戦に見えますが、多くの支持者やスタッフに支えられた団体戦に他ならないわけで、その核の五本木事務所が夏休みボケと北京ボケでは冗談にもなりませんから、早急な臨戦態勢の敷きなおしが求められています。
 反面、ソフトボールの金や陸上リレーの銅といった、チームワークが力につながった快挙は本当に多くのことを学ばせてくれました。いくらエースが一人身を 削る連投をしてもここぞの1発でバックアップがなければ勝てませんし、いくら速くてもバトンの受け渡しに失敗すれば勝てません。
 いざ選挙となれば、各々が目の前の役割に追われることになりますが、そんな時こそチームワークが必要不可欠で、その信頼感と連帯感は平時だからこそ培える絆だと思います。
 こうして創り上げてきた絆は、現在世田谷区議会の政調会で仕事をともにする2名にも広がっています。
 夏限定の髭を蓄え、ハリウッドで大砲でも撃ちそうなワイルドな風貌で毎日駅に立つ風間ゆたか区議と、謹厳実直で話がちと長い、クールビズなんのそので年 中ネクタイ上着着用、今年の猛暑は太陽が意地になって上着を脱がせようとした影響だと噂される上杉ひろゆき区議は、2人とも汗で貢献する肉体派。スタッフ と一緒になって活動するほどに絆は太く強くなっています。
 総力を挙げた日々の取り組みこそがこのチームの最大の強みであることに間違いはありません。
 期待を背負って旅立ちフラッシュの嵐で帰国するオリンピック選手の華々しい17日間の裏には、視聴者の知るべくもない日々の積み重ねがあり、誰にもチヤホヤされることなく黙々と練習に明け暮れる4年間が存在します。
 毎朝の駅頭演説、日中のポスティング、土日の桃太郎ポスティング。世田谷・目黒で流し続けてきた汗は、途中参加の有名選手やどこの誰にも絶対に負けません。
 大臣の事務所費問題や新党結成など、4年に1度の祭典に向けてにわかに慌ただしくなってきた政界模様を尻目に、コツコツと分かりやすい活動を継続するのみです。
 最後に、今日9月1日はこのチームにまた一人新しい仲間が増える予定の日です。
 予定は未定で、詳細は悠々自適と独り言をお待ち頂きたいと思いますが、日々広がり続ける輪と増え続ける負けられない理由をしっかりと胸に、その日まで精進して参ります。

YES WE CAN 2008-05-01 03:45

「変わるって、すげぇ〜勇気いると思う。でも、今までにない新しい価値を手にすることができる」
 カップヌードルを手にしたキムタクは相変わらずイケメンだ。どれだけ小栗旬の人気が沸騰しようが、いくら海老蔵がモテようが、国民的スターの座は微動だにしない。
 しかしCUP NOODLEは変わります。
 負けじとSETAGAYAも変わります。
 国民的スターと同じく休日になったら湘南の波に乗り、韓流スターを真似た髪型を風になびかせる五本木スターの松田哲也目黒区議も、シューティングスター(流れ星)で終わってしまわぬよう、日々全力投球のようで、その奮闘努力は隣の世田谷区まで聞こえてきます。
 きっとMEGUROは変わります。
 負けじとSETAGAYAも変わります。
 ドキドキ新人議員生活も365日を超え、2度目のGWに突入しました。
 この春、会派メンバー全体的な能力と経験のボトムアップを目指し、先輩議員の英断も受けて、幹事長を筆頭に役員の大半が当選1期生という新しい体制に生まれ変わりました。
 破壊と聞けば悪いイメージで、伝統と聞けば崇高に響きますが、まずは「区議会の(悪しき)伝統を破壊」することこそ課せられた使命、背負った期待、そして正義だと信じています。
 さらに、区民が今までにない新しい価値を手にできる民主党改革新メニューを次々店頭に並べて行きます。いざ勝負の2年目、是非ご注文ください。
 僕らROOKIES!が変えてみせます。
 必ずSETAGAYAを変えてみせます。
 国会の方は自民党だけで勝手に選ばれた総理が、支持率低下に知らんぷり、解散風と厳しい世論に知らんぷり、挙句の果てには突きつけられた補欠選挙の結果 にも知らんぷりで、年金記録はなかなか復活しなくても、ガソリン税の暫定税率はあっさり復活。高期高齢者を長寿高齢者に看板だけすげ換えて合言葉は「テン ビキ!」。
 これじゃあ本当にメチャクチャです。
 ゴールデンなウィークですから、多くの方が高くなったガソリンを使って日頃の疲れやストレスを解消するのでしょう。
 その中には今の政治に対する怒りや不満も含まれているかも知れませんが、どうかその思いだけはリゾート地で洗い流すことなく、明日やも知れぬ総選挙まで燻らせてくださいね。受け皿は常時ここにご用意してありますから。
 そうそう、皆さんがお休みになってる隙に目黒世田谷にちょっと細工、ちょっと変化。Uターンラッシュの中やっとの思いで我が家に辿り着くころ、すっかり貼り替わった手塚の顔が「お帰りなさい」とお出迎えさせて頂きます。
 一味違うポスターと、一味違う区議会に、是非これからもご注目ください。
 燻る炎の出番は、本当にもうすぐです。

 明けましておめでとうございます。
 区議会議員として初めて迎えるお正月、そしてこの内外野席にとっても新たな年の幕開けです。今年も内外野席は秘書日記より面白く、ましてや趣味が高じた コレステロールブログなんかには負けない充実した内容を目指して参りますので、引き続きご愛顧の程を。 ちなみに、もし初詣や挨拶廻りなどで忙しい正月に も関わらずこのHPに遊びに来て頂いた方がいたら、あなたは立派な秋葉原級の手塚マニア、いや手塚事務所オタクに間違いありません。可及的速やかに「手塚 よしお夜明け実現委員会」へご入会頂きますよう、年頭のこの場を借りてお願い申し上げます。
 会では、年明けからポスター貼りや桃太郎ポスティングなどイベント目白押しですから是非ご参加を。お問い合わせは手塚事務所まで。はい、コマーシャルは終わり!
さて最近、出産祝いを探したり、愛娘のクリスマスプレゼントを買いに行ったりと、デパートのおもちゃ売場へ足を運ぶ機会に恵まれるわけですが、誰もが知っている「黒ひげ危機一髪」を見て常々思うことを。
 口の周りがグルッと黒く染まったあの黒ひげ、明らかな悪人顔であります。いや、格好を見ても恐らく海賊でしょうから悪い人なんでしょう。そもそもドロ ボーひげ蓄えた人格者なんて28年の人生でほとんど会った試しがなく、ひげを剃らずに18ホール終わった後の伊藤悠都議とカールおじさんの、たった2名だ けであります。
 つまり黒ひげ=悪い奴なのだとしたら、黒ひげを飛ばす正義の一突きは称賛こそされ罰ゲーム的な扱いを受ける所以はこれっぽっちもない訳であります。
 一方政界には、税金という財宝を強奪しようと企む心のドロボーひげボーボーの黒ひげ議員が、残念ながら石を投げればぶつかる程棲息しています。
 まずは「福だ、福だぁ〜」と掛け声ばかりで一向に福を運ばないソーリーな政治家を、偽装や利権と一緒に樽に詰め込んで政権の外まですっ飛ばす強力な一刺しが求められています。
 蝶のように舞うことは体型の都合上叶わないとしても、蜂のように刺すことが授けられた使命と信じて疑うことのない名刀手塚よしおを、正宗や菊一文字のよ うな一太刀にするため、我々が砥ぎ石になり試し斬りのわらになり、本番当日まで研きに研き続けて参ります。切れ味鋭くするのはスタッフの役目、樽深く押し 込むのは皆様の意思でありますから、どうかその日には、研ぎ澄まされたその刃先が政権中枢深く迄届くように力を結集して頂きますようにお願いします。
 本年も手塚事務所の愉快な仲間たちを何卒よろしくお願い申し上げます。

民主党らしさ 2007-09-01 03:48

 世田谷区議会民主党控室の扉が開き、同僚の上杉裕之区議が駆け込んできた。
「中村さん、聞いてくださいよ! 私、考えたんですが、最近の傾向として役所は○△×▲...、だから会派としては*@▽∴...」
 世田谷区役所に18年も勤務し、誰よりも区政を知り尽くし、区役所が最も怖がる区議会議員。そんな上杉さんは、誰からも一目置かれる実力派かつ、誰からも好かれる好漢である...が、残念ながら若干話が長い。いや、ヒジョ〜に長い。
 そして豊富な経験と知識をもとに、まだまだ勉強中の新人にもハイレベルな話題を、とてもついていけない専門知識を織り交ぜながら容赦なくぶつけてくるの である。久々に遊びにきた孫に嬉々として語りかけるおじいちゃんのような上杉さんのマシンガントークを聞き流しながら、心の中で(すいません、次回までに はしっかり勉強しときますんで...)と、呟いてお手上げの万歳をし、緊急避難の意識漂流・幽体離脱を試みた。
 両手を掲げたままの幽体が、そういえば当選が決まった時にした万歳からあっという間に4ヵ月も経過したんだなぁなどと思いを馳せれば、瞬く間に「ここまで」に意識が飲み込まれて行った。
 新人区議が最初に行うのは記念植樹だという。わざわざ税金で大きな木を植えることに強い違和感を感じながらも、悪しき慣例を廃止する術すら分からないヒヨコ区議たち。と思いきや、当日はなんと雨で前代未聞の中止。天のくだした無駄遣いNOに勇気をもらった、そんな5月。
 共産党議員に向けて野次っていた自民党議員の口も閉じ、檀上に窺うような視線を投げかける。注意しても若干裏返る声、目に入ってこない持ち時間を刻むタ イマー。本会議場で一般質問を終え、経験不足を痛感する反面、11人へと躍進した民主党会派の注目度がとても高いことを実感した6月。
 記録的な暑い夏に、歴史的な熱い歓声が沸き起こり、参院選が熱くなる。野田さんの盟友長浜さんを筆頭に、小泉さんより渋い白銀の江田議長、手塚さんの大先輩で耳の大きな西岡議運委員長、そして躍進の立役者の新人議員たち。民主党のこれからにやたらと期待が集まる7月。
 ヤメロと言われても続投し、己を捨てて和を重んじる。改造してもなおシンゾー破りの坂を30%まで転がり落ちていけば、迫る戦の準備が全国でスタートす る。手塚よしお@充電中も、充電完了へと衣替えを終えて、リベンジを誓った都議・区議・秘書・学生の心にも火がついた。狼煙をあげよ!ホラ貝を吹きなら せ!手塚らしさと民主党らしさを両手に抱えて、いざ出陣の時を待つ8月。
 ショートトリップから覚醒すると、ちょうど上杉さんの話も終わりに近づいていた。
 「・・・というわけで、最終的には民主党らしさが最大のキーワードだと思うんですよね」
あぁこの人もやっぱり生粋の民主党、生粋の改革派なんだとあらためて思えば、とめどない呪文も最後には何かを召喚してくれるような気もしてくる。
「そうですね、上杉さん。我々区議も民主党らしさ全開で行きましょう!」
と、熱い思いで固い握手をすると
「さすが中村さん、分かってらっしゃる。嬉しいからついでにもう一つお話しますと...」
 その後2時間上杉さんの話は続き、何かが召喚されるどころかこちらが昇天してしまった。今日また一つ「ヤブヘビ」を身を持って覚えた。新人区議はまだまだ勉強が必要なようだ。

お引っ越し 2007-05-01 03:49

「え〜、以上ですべての作業を終了致しましたが、積み残しなど無いかお荷物のご確認ください。大丈夫なようでしたら、ここにサインをお願いします。それではまたのご用命をお待ち申し上げます。ご利用誠にありがとうございました」
 走り去るトラックのブレーキランプを眺めながらのご挨拶で恐縮ですが、この度、秘書日記荘からメゾン・ド・ガイヤセキに引っ越して参りました新世田谷区 議の中村公太朗です。今日から始まる群馬の山男との共同生活は、シャトー・ナイヤセキの住人に比べて若干見劣りはしますが、4ヵ月に1度の回覧板で充実し たご報告を目指して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。
 さて、とにもかくにも手塚組大勝利です!目黒で、大田で、多摩で、群馬の山奥で!
 そして世田谷ではこれまで3議席だった弱小民主党が、一気に11議席へと躍進しました。特に、手塚の選挙区である東京5区内に事務所を構えた同志が、地 域で前評判の高かった他党候補者に次々と競り勝っての当選ですから、これ以上に痛快なことはありません。 いつあってもおかしくない衆議院選挙に向けて、 「手塚が乗っても大丈夫〜」と、イナバ物置くらいの土台は作れたのかなと思います。
 僕自身、想像をはるかに超える5,227票という結果を頂きましが、まさに多くの機微を感じる戦いでもありました。わざわざ駆けつけてくれた友あり、まったく知らない方からの熱い声援あり、何十年も連絡を取っていない同級生からの祝福メールあり...。
 お世話になった方々はまさに星の数ほどですが、やはりどうしてもこの場を借りて大阪弁の前世田谷区議に一言。
 中村公太朗へ他の誰よりも多くの時間を割いてくれ、候補者よりも声を嗄らしながら、候補者よりも長時間マイクを持ってくれて、本当に有難うございました。心から感謝しています。絶対、都議選に出馬したいなんて言いません(笑)。
 同じ苦労をし、同じ努力をし、同じ試練を乗り越えた新人8名は、志も同じです。これまで果たせなかった大きな仕事も必ず達成出来るはず。そしてしがらみ ゼロの8人は、これまでの人たちにとってきっと恐怖なはず。選挙でお約束した以上に、特権とはバシバシ対決して行きますよ〜。
 多くの皆様の熱い想いで産み落とされた新生世田谷民主党は、怯まずぶれず前進して行きますので、成長を見つめる暖かい母親の眼差しと、時には叱ってくれる厳しい父親の目線で、どうか見守っていて下さい。