立憲民主党

世田谷区議会議員 中村コータロー 「これ以上、区民を欺く政治はいらない。」

まずは、当たり前のことが普通に変えられない政治の常識をぶっ壊し、
そして、徹底的にムダを摘発し、財源を生み出すこと、それが僕の仕事です。

選挙管理委員の報酬を日額へ!区議の天下り先は「選挙管理委員会」

選挙管理委員の報酬を日額へ!
区議の天下り先は「選挙管理委員会」

月3回の定例会(平均約30分〜1時間)が
主な仕事で委員会が月額29万円、委員24万円
という常識外れの報酬にあると思われます。
日額化にすることで1000万円弱の
税金を取り戻すことを目指します。

区議の視察旅行を適正価格に!1人80〜120万円の大名旅行

区議の視察旅行を適正価格に!
1人80〜120万円の大名旅行

なんと、議員団10人分の予算が確保されており
その額は毎年1200万円にも及びます。
姉妹都市交流は大事ですが、区長及び議長が
行けば友好は続きますし税金もかかりません。
こんな高額旅行は即刻中止すべき制度です。

迷惑ばかりの選挙カーはいらない!ここ2度の区議選で総額1900万円

迷惑ばかりの選挙カーはいらない!
ここ2度の区議選で総額1900万円

全候補者が選挙カーなしの活動にすることで
区民に足りていないサービスへと
その財源を回すことが出来ます。
無駄遣いSTOPで、皆さんの納めた税金は
世田谷をより良くするために活用します。

外郭団体の改善

● 補助事業の更なる見直し
● 統廃合もしくは民営化推進
● 職員OBの天下り徹底廃止

税外収入の確保

● 未利用区有地の駐車場利用
● 庁舎内の自動販売機増設
● あらゆる広告スペースの活用

入札制度改革

● 不要不急工事の見直し
● 少額決済の透明化
● 一般競争入札の拡大

省エネ対策

● 庁内ペーパーレスの徹底
● PPSの更なる活用拡大
● 学校施設のガス料金見直し

目指すは6つの世田谷へ 取り戻した財源で最先端の地域を創ります

教育環境の充実を!

チルドレン・ファーストの
世田谷へ

福祉先進自治体となるために!

「低負担高満足」
福祉の世田谷へ

世田谷区の財産を有効活用!

文化と教育が融合する
世田谷へ

万が一に備えた最大限の対策を!

絶対に命を守る
世田谷へ

若手職員提案制度の創設を!

眠っているポテンシャルを
発揮する世田谷へ

全ての区民が実感できるサービスを!

サラリーマンが納得する
世田谷へ